誠実な対応で安心をお届けします

はく会計事務所

公認会計士・税理士
      白  太 成

〒540−0012
大阪市中央区谷町1丁目3番17号
エルフ大手前809号
(地下鉄谷町線「天満橋」下車1分)

新規株式公開(IPO)をサポートします
プロフィールは 事務所案内 をご覧下さい
本日は、弊社ホームページを閲覧いただき誠にありがとうございます。

IPOを短期間で成功させるためにプレ上場準備サポートを始めました。 上場準備に入る前の段階での資本政策、事業計画、第三者割当増資、ストックオプション発行などをサポートします。

なお、税理士業務(記帳代行、決算・法人税申告などの業務)は併設の 税理士事務所のホームページをご覧下さい。

上場準備に入る前の事前準備の段階で。出来ることは早めにやっておくことが、 株式公開を最短で効率よく実現する為の必要条件となります。 しかし、いざ事前準備しようとしても相談相手がいないのが現状です。 そこで、株式公開準備に入る前の段階でひとりでお悩みの社長様をサポートするために プレ株式公開準備サポートサービスを提供いたします。

上場準備のコツ:
(1)直前3期前にどれだけ準備できるかが成否の分かれ目になります。
(2)株式上場の意思決定をしたときは出来るだけ早く上場準備を始めることです。
(3)上場時点をイメージし、まず目標を明確にしてから上場準備に入りましょう。
(4)資本政策は資金計画でもあるので事業計画と同時に立案する必要があります。
(5)持株比率維持のためには早目に資本政策立案することをおすすめいたします。
(6)まずは自社の時価総額を計算(想定)しましょう。
(7)資本政策のポイントは、時価総額と持株比率です。
(8)ストックオプション発行、第三者割当増資はオーナー財産を目減りさせます。
(9)ストックオプション発行は早めに行なえば少ない発行数で効果絶大です。
(10)インセンティブにならないストックオプションの乱発は避けるのが賢明です
(11)事業計画は、上場年度、直前期、直前々期の順番で作成します。
(12)上場直前3期前には、税務会計から企業会計へ移行する必要があります。
(13)期末の未払人件費、賞与引当金や退職給付引当金は必須となります。
(14)企業会計への移行年度では、人件費が大きくなりますので移行はお早めに。
(15)顧問税理士を大事にすることです。会社のことを一番良く知ってますから。
(16)上場直前2期前に内部統制の構築が必要となります。
(17)内部統制の構築は神経質にならずに監査法人と相談しながらすすめましょう。
(18)本格的に上場準備に入る場合はまず最初に組織図をつくりましょう。



マザ−ズ ジャスダック IPO 株式公開 上場準備 公認会計士 税理士 資本政策 ストックオプション 社内規程 監査 第三者割当増資 大阪

相互リンク集